シナール ニキビ跡 効果なし

シナールはニキビ跡に効果なし!?その理由とは?

シナール,ニキビ跡,効果なし

 

 

 

皮膚科でよく処方される【シナール】ですが、これはビタミンCとパントテン酸という2つのビタミンが含まれたお薬です。

 

私の友人もシナールを飲んだりしていますが、実際の効果が気になるところですが、今回は残念ながら、

 

 

 

「ニキビ跡に効果なし!」

 

 

 

という理由をお話ししましょう。

 

 

 

 

ビタミンCの配合量が少ない?

 

シナール,ニキビ跡,効果なし

シナール1錠あたり200mgのビタミンCが配合されています。

 

で、人が1日に摂取しないくてはいけないビタミンCの量は「100mg」です。

 

これは、1日の最低摂取量を遥かに上回っているように感じます。

 

しかし、あくまでも最低条件です。

 

 

人のビタミンCはあらゆるところで破壊・体内で使用されていきます。

 

よくいいわれるのが、ストレス・活性酸素(タバコ・紫外線・電磁波などから発生 )・コラーゲンの生成・毛細血管の拡張など、他にもたくさんありますが、これだけでも様々なところで活用されているビタミンC。

 

 

 

「はたして、200mg程度でニキビ跡にまで効いてくれるのでしょうか?」

 

 

 

ご想像の通りです。圧倒的に足りないのです。

 

人の体は【生きることが優先的】です。栄養は生きることを優先して体内で使われていきます。

 

 

そこで例えば、ストレスを受けたとしましょう。ストレスは溜まってしまうと自律神経ん乱れにつながってきます。これは内臓機能や神経的なところにまで悪影響が及びます。

 

そういったストレスによる影響の解消よりニキビ跡のほうが大切!なんてことはありあませんね。

 

 

ということでニキビ跡の改善は後回しにされるのです。

 

1日3錠をのんでも600mgやっと体のマイナスをとりのぞけるくらいでしょう。なので、ニキビ跡への効果は期待できないですね。

 

 

 

 

ビタミンCの効果がニキビ跡を消すものではない?

 

シナール,ニキビ跡,効果なし

残念なことに、ビタミンCはメラニン色素の還元よりも、メラニン色素の生成を抑制させるという働きが強いのです。

 

そもそもニキビ跡とは、ニキビの炎症による過剰なメラニン色素の生成によるものなのです。

 

なので、ニキビ跡ができてしまってからは、メラニン色素をどう排出していくか、もしくは還元(美白 )していくかなのです。

 

排泄には肌の生まれ変わり=ターンオーバーが正常に戻らなくてはなりません。ですから、ビタミンCの仕事ではないのです。

 

 

また、メラニン色素の美白還元は体内からのビタミンCだけでは足りません。

 

ですから、残念ながらシナールはニキビ跡への効果を期待できる薬ではなのです。

 

 

ビタミンCは美肌や肌質改善にとって、とても大切な栄養素です。

 

抗酸化作用・抗炎症作用などは肌トラブルにとって、効果を期待できる面がたくさんあります。

 

しかし、ピンポイントで【ニキビ跡】とみると、どうしても「効果があります!」とは言い切れない部分がたくさんあるのです。

 

 

ニキビ跡の改善を期待したいのでしたら、他の栄養素や、スキンケアでアプローチをしてみるのがいいのかもしれませんね。

 

そこで試してもらいたいのが、

 

 

 

「ハイドロキノン配合のコスメ」

 

 

 

この成分は、ニキビ跡を予防するとかそういう類のものではなく、
「ニキビ跡に直接働きかけてくれる優れもの」です。

 

 

やっぱり、シナール程度のものでは難しい気もしますし、
だからといってエステも高いですからね・・・

 

ハイドロキノンについては、下記の記事で詳しく説明されていたので、
気になる方は参考にしてみてください。